日本語学科

学校の特長・概要

横浜YMCA学院専門学校日本語学科では、本格的な日本語の習得を目指して「聴く「話す」「読む」「書く」の4技能全てにわたる総合的な日本語力を養成します。専門学校・大学・大学院への進学や日本語を仕事に役立てたい方に最適です。

  • Point1 確実な日本語力が身につく
    様々な場面で役立つ、日本語によるコミュニケーション力を養成する授業です。初級から上級まで十分に練られた魅力的なカリキュラムをみなさんに提供します。また、多くの日本人ボランティアの方々の支援があり、日本語を授業後に練習することができます。
  • Point2 多くの交流の機会
    YMCAならではの、日本人の会員との交流や、日本人の専門学校生との交流、ボランティア活動を通した子どもたちとの交流、世界各国からの留学生との交流など、みなさんの毎日の生活は交流の機会にあふれています。
  • Point3 手厚いサポート
    故郷を離れて外国での生活は多くの問題に出会うことでしょう。私たちは宿舎、アルバイト、ビザなど、留学生が直面する問題をしっかりサポートします。また就職や進学のサポートも経験豊富な講師陣がしっかりチームで相談に乗り、全力でサポートをしています。

授業時間

一日5時間、月曜日から金曜日まで週5日間、(週25時間、年間36週・900時間)

HR 1時間目 2時間目 3時間目 4時間目 5時間目
9:00〜9:10 9:10〜10:00 10:00〜10:50 11:10〜12:00 13:00〜13:50 14:00〜14:50
  • ※土・日・祝日は休みです。
  • ※長期休暇があります。
  • ☆夏休み(7月下旬から8月中旬まで約3週間)
  • ☆秋休み(9月中旬から10月上旬までの約3週間)
  • ☆冬休み(12月下旬から1月中旬までの約3週間)
  • ☆春休み(3月中旬から4月上旬までの約3週間)

カリキュラム

入学時受けるプレイスメントテストの結果をもとに、レベル別のクラスに分かれて授業が行われます。

初級クラスでは「みんなの日本語」のほか、会話や作文、LL教室での聴解、口頭ドリルなどの授業を通して、日本語の基礎をしっかり固めます。
中・上級クラスでは、「読む・聞く・書く・話す」4技能をバランスよく学び、道具としての日本語の表現力を身につけていきます。
レベルに合わせて速読やビデオ・日本語でのスピーチ・ディベートがあります。

また、日本での進学に必要な日本留学試験、日本語能力試験の対策授業や入試試験対策の授業も行います。

日本語の勉強は「試験に合格したら終わり」ではありません。
YMCAを卒業した後、進学先やそれぞれの新しい環境で「応用できる」日本語力が必要です。
教務、クラス担任による毎日のホームルーム、定期的な個人面接などで、皆さんの勉強、生活、進路についてアドバイスをし、皆さんがより具体的な目標を持って勉強できるよう、サポートしていきます。

進路先としては日本での就職や進学(大学院・大学・専門学校)等があり、それぞれの将来の目標にあうきめ細かなサポートがYMCAの魅力です。

入学資格

  1. ① 出身国において12年間の学校教育を修了している方、または出身国において大学等の高等教育機関)への入学資格を有する方
  2. ② 日本在住の連絡人がいる方
  3. ※ビザによって入学資格が異なりますので、詳細は入学要項をご覧ください

学費

各コースの学費は以下の通りです。

コース名 入学金 授業料 設備費 合計
日本語学科本科
日本語・文化研究科
120,000円 640,000円 30,000円 790,000円

※上記以外に教材費(半年で10,000円から20,000円)が必要になります。
※入学時の日本語力に応じた入学金の減免制度があります。

横浜校 各種資料ダウンロード

J1これから日本へ渡航される方(ビザをお持ちでない方)

J2すでに日本に滞在している方(ビザをお持ちの方)

聴講生(短期コース)

正規の専門学校生とは別に、一部の授業のみに参加できる聴講生制度があります。希望する方はお問い合わせください。
聴講生の詳しい内容はこちらから要項をダウンロードしてご確認ください。

YCJサポーター(ボランティア)

YCJサポーターとは

YCJは「Yokohama YMCA College Japanese school」の略称です。日本語学科に在籍している留学生をボランティアとして様々な形でサポートしていただくのが「YCJサポーター」制度です。サポーター登録に特別な資格や経験は必要ありません。
学生は毎日5時間(50分×5コマ)の日本語の授業を受けていますが、言葉は実際に使わなければ身に付きません。また、外国語を深く理解するには、その国の文化や習慣、社会事情を知る必要があります。横浜YMCAでは、学生が多くの日本人と知りあい、生の日本語に触れる機会をできるだけたくさんつくっていきたいと考えています。また、学生との交流を通じて、日本人サポーターの国際理解が深まることを期待しています。

YCJサポーター活動の三つの柱

  1. ① 学生へのチューター活動学生との一対一のチューター活動です。週1回、1時間半程度を目安に会話練習の機会を学生に提供し学生を支援します。
  2. ② 日本語クラス支援活動 ゲストスピーカーやビジターとしての日本語の授業への参加、発表の見学などを通じてクラス活動への支援を行います。
  3. ② 学生との交流活動 日本語学科が主催する行事(多文化共生プログラム、ホームビジット等)への参加を通して学生と交流します。

毎月、サポーター登録説明会を開催していますので、是非ご参加ください。

サポーター登録説明会について、詳しくは<こちら>をご覧ください。