横浜校《横浜YMCA学院専門学校》

その中心地である関内には、開港当時の歴史ある建物が数多く残されています。
また一方で、最新のグルメやファッションで人気の、みなとみらい21地区や元町・中華街にも近く、観光地としても有名なスポットです。

学校の最寄り駅である関内駅、日本大通駅へは、JR京浜東北線、横浜市営地下鉄ブルーライン、みなとみらい線が乗り入れており、都内からでも30分で通うことが出来るアクセス抜群の立地です。

新着情報 News

SNS

施設紹介 Facility

横浜YMCA学院専門学校日本語学科は9階建てのビルの8階、9階にあります。同じビルの中ではスポーツクラブ、学童クラブ、語学スクール等多岐にわたる事業が展開されているため、横浜YMCA学院専門学校作業療法科の日本人学生や、スポーツクラブのベビーから高齢者、グローバルキンダーガーデンの子どもたちなど、様々な年代の人が集まります。

また、横浜YMCAは多くのボランティアの方に支えられているため、ボランティアの方々のグループも数多く存在します。
日本語を学ぶ留学生が、このようなYMCAに繋がる多くの日本人と関係を築いていけるよう、交流の機会を大切にしています。

  • 校舎
  • ラウンジ
  • プール
  • トレーニングルーム
  • 受付
  • 教室
  • 日本大通
  • 横浜スタジアム
  • 横浜公園

沿革

1988年に「YMCAビジネススクール日本語学科」として留学生の受け入れをスタートした横浜YMCA学院専門学校日本語学科は、2018年で30周年を迎えます。その歴史の中には、日本語をマスターしようと一生懸命に努力を重ねる留学生の姿がいつもありました。そして、厳しく優しく熱意を持って日本語を教える教員の姿がありました。関わった一人ひとりの小さな努力の積み重ねが、今の横浜YMCA学院専門学校を支えています。
横浜YMCA学院専門学校で学んでよかったと感じ、多くの卒業生が学校を訪ねてきて、新たな学生を紹介してくれています。ぜひ皆さんも横浜YMCAの一員としてともに学び、将来の夢に繋がる、充実した日本での留学生活を送りませんか。

メッセージ Message

生井 知三

学校長 生井 知三

私たち横浜YMCAの日本語学校は、「誰もが平和で安心して暮らせる世界をみんなで創り出したい」という願いを持っています。友だちや学校の先生、スタッフとの交流を広め、また深めるために、授業以外にも様々な楽しいプログラムが用意されています。新入生歓迎会、スポーツ大会、富士山一泊研修旅行などたくさんの楽しい学校行事もあります。また単に日本語と日本文化を学ぶことだけでなく、地域でのボランティア活動や地域社会との交流なども積極的に行われています。普段は学校で指導してくれる先生やスタッフ、さらには人種、国籍、民族の異なる世界の友だちや日本人ボランティアと一緒にYMCAのプログラムに参加することは、あたらしい自分を発見したり、新たな他者とのつながりや交流の広がりをもたらすに違いありません。さまざまな国の人びとが“お互いに理解し、分かり合える喜び”、そして“共に生きることの喜び”を共有する体験につながると信じています。

平岡 守

主任教員 平岡 守

言葉を学ぶことは難しいことではありません。効果的な方法を見つけ、それを繰り返し継続することです。私たちは出席を第一とし、学習の継続をしっかりサポートします。1988年に日本語学科を開設して以来、今日まで四半世紀に渡り「日本語が上手になる日本語学校」であることを大切にしています。私たちはしっかりとあなたの努力に応えます。 日本で、横浜で、横浜YMCA学院専門学校で夢への一歩を踏み出しましょう。

<経歴>
東京農業大学農学部卒業、放送大学教養学部卒業、拓殖大学日本語教師養成講座修了、日本語教育能力検定試験合格、マレーシア及び日本国内の日本語学校講師を経て2006年より本校専任講師、2013年より現職

在校生インタビュー Student Voice

郭 宇航

郭 宇航 国籍:中国

◎なぜYMCAを選びましたか?
叔母の勧めで横浜YMCA学院専門学校を選びました。
◎学校のいいところは?
先生がみんなとても優しく、強い責任感を持って教えてくれるところです。進路に迷っていた私に多くのアドバイスをしてくれました。 また学校の設備がしっかり整えられていて、駅からも近くアクセスが便利なところです。
◎印象的な学校の行事は?
富士山一泊研修旅行です。いつものクラスを超えた交流の機会となりました。
◎これから入学するみなさんへメッセージ
勉強だけでなく、生活の中で困ったことも先生に相談をしたら必ず助けてくれます。YMCAはとてもいい学校だと思います。
◎横浜のオススメポイントは?
学校の目の前にある横浜スタジアムです。野球が好きな人は是非行ってみましょう!
鄭 多恩

鄭 多恩 国籍:韓国

◎なぜYMCAを選びましたか?
知人の教授からの紹介で、横浜YMCAは日本人の中でも非常に信頼されていると聞いたので、選びました。
◎学校のいいところは?
  • 周りの学生が積極的に学んでおり、学ぶための雰囲気ができているので、勉強に集中できるところです。
  • 先生たちが情熱を持って親切に教えてくれるところです。
  • YMCAでの学校生活を通して、様々な国の友達が出来ました。多くのことが分かるようになり、忘れられない楽しい思い出もたくさん出来ました。このような環境の中で学び、友達と繋がることのできる機会に心から感謝しています。
◎卒業後の進路は?
日本の大学に進学し、経営学もしくは経済学を勉強するつもりです。
◎これから入学するみなさんへメッセージ
せっかくの機会なので、限られたYMCAでの時間を大切にして、しっかり勉強してください。応援しています。
◎横浜はどんな場所?
学校の近くには古い西洋の建造物がとても多く、落ち着いた雰囲気があります。和やかなスポットが多いです。

日本語学科

学校の特長・概要

横浜YMCA学院専門学校日本語学科では、本格的な日本語の習得を目指して「聴く「話す」「読む」「書く」の4技能全てにわたる総合的な日本語力を養成します。専門学校・大学・大学院への進学や日本語を仕事に役立てたい方に最適です。

  • Point1 確実な日本語力が身につく
    様々な場面で役立つ、日本語によるコミュニケーション力を養成する授業です。初級から上級まで十分に練られた魅力的なカリキュラムをみなさんに提供します。また、多くの日本人ボランティアの方々の支援があり、日本語を授業後に練習することができます。
  • Point2 多くの交流の機会
    YMCAならではの、日本人の会員との交流や、日本人の専門学校生との交流、ボランティア活動を通した子どもたちとの交流、世界各国からの留学生との交流など、みなさんの毎日の生活は交流の機会にあふれています。
  • Point3 手厚いサポート
    故郷を離れて外国での生活は多くの問題に出会うことでしょう。私たちは宿舎、アルバイト、ビザなど、留学生が直面する問題をしっかりサポートします。また就職や進学のサポートも経験豊富な講師陣がしっかりチームで相談に乗り、全力でサポートをしています。

授業時間

一日5時間、月曜日から金曜日まで週5日間、(週25時間、年間36週・900時間)

HR 1時間目 2時間目 3時間目 4時間目 5時間目
9:00〜9:10 9:10〜10:00 10:00〜10:50 11:10〜12:00 13:00〜13:50 14:00〜14:50
  • ※土・日・祝日は休みです。
  • ※長期休暇があります。
  • ☆夏休み(7月下旬から8月中旬まで約3週間)
  • ☆秋休み(9月中旬から10月上旬までの約3週間)
  • ☆冬休み(12月下旬から1月中旬までの約3週間)
  • ☆春休み(3月中旬から4月上旬までの約3週間)

カリキュラム

入学時受けるプレイスメントテストの結果をもとに、レベル別のクラスに分かれて授業が行われます。

初級クラスでは「みんなの日本語」のほか、会話や作文、LL教室での聴解、口頭ドリルなどの授業を通して、日本語の基礎をしっかり固めます。
中・上級クラスでは、「読む・聞く・書く・話す」4技能をバランスよく学び、道具としての日本語の表現力を身につけていきます。
レベルに合わせて速読やビデオ・日本語でのスピーチ・ディベートがあります。

また、日本での進学に必要な日本留学試験、日本語能力試験の対策授業や入試試験対策の授業も行います。

日本語の勉強は「試験に合格したら終わり」ではありません。
YMCAを卒業した後、進学先やそれぞれの新しい環境で「応用できる」日本語力が必要です。
教務、クラス担任による毎日のホームルーム、定期的な個人面接などで、皆さんの勉強、生活、進路についてアドバイスをし、皆さんがより具体的な目標を持って勉強できるよう、サポートしていきます。

進路先としては日本での就職や進学(大学院・大学・専門学校)等があり、それぞれの将来の目標にあうきめ細かなサポートがYMCAの魅力です。

入学資格

  1. ① 出身国において12年間の学校教育を修了している方、または出身国において大学等の高等教育機関)への入学資格を有する方
  2. ② 日本在住の連絡人がいる方
  3. ※ビザによって入学資格が異なりますので、詳細は入学要項をご覧ください

学費

各コースの学費は以下の通りです。

コース名 入学金 授業料 設備費 合計
日本語学科本科
日本語・文化研究科
120,000円 640,000円 30,000円 790,000円

※上記以外に教材費(半年で10,000円から20,000円)が必要になります。
※入学時の日本語力に応じた入学金の減免制度があります。

横浜校 各種資料ダウンロード

J1これから日本へ渡航される方(ビザをお持ちでない方)

J2すでに日本に滞在している方(ビザをお持ちの方)

聴講生(短期コース)

正規の専門学校生とは別に、一部の授業のみに参加できる聴講生制度があります。希望する方はお問い合わせください。
聴講生の詳しい内容はこちらから要項をダウンロードしてご確認ください。

YCJサポーター(ボランティア)

YCJサポーターとは

YCJは「Yokohama YMCA College Japanese school」の略称です。日本語学科に在籍している留学生をボランティアとして様々な形でサポートしていただくのが「YCJサポーター」制度です。サポーター登録に特別な資格や経験は必要ありません。
学生は毎日5時間(50分×5コマ)の日本語の授業を受けていますが、言葉は実際に使わなければ身に付きません。また、外国語を深く理解するには、その国の文化や習慣、社会事情を知る必要があります。横浜YMCAでは、学生が多くの日本人と知りあい、生の日本語に触れる機会をできるだけたくさんつくっていきたいと考えています。また、学生との交流を通じて、日本人サポーターの国際理解が深まることを期待しています。

YCJサポーター活動の三つの柱

  1. ① 学生へのチューター活動学生との一対一のチューター活動です。週1回、1時間半程度を目安に会話練習の機会を学生に提供し学生を支援します。
  2. ② 日本語クラス支援活動 ゲストスピーカーやビジターとしての日本語の授業への参加、発表の見学などを通じてクラス活動への支援を行います。
  3. ② 学生との交流活動 日本語学科が主催する行事(多文化共生プログラム、ホームビジット等)への参加を通して学生と交流します。

毎月、サポーター登録説明会を開催していますので、是非ご参加ください。

サポーター登録説明会について、詳しくは<こちら>をご覧ください。

2017年4月新設 横浜YMCA学院専門学校 国際情報ビジネス科

経済のグローバル化が進む現在、国際的な人材の採用に力を入れる企業が増えています。横浜YMCA学院専門学校国際情報ビジネス科では、歴史ある情報ビジネス科を再編し、企業で働く際に必要とされるビジネスレベルの日本語や英語、ITスキルの習得に加え、コミュニケーションにおいて活かされるホスピタリティについての講義等、充実したカリキュラムで国際性とホスピタリティマインドを兼ね備えた人材の育成を目指します。どんな企業でも必ず求められるビジネスマンとしての基礎力を磨きます。

国際情報ビジネス科の特長

  • Point1 ビジネスレベルの日本語力
    日本語能力試験N1の合格はもちろん、BJT(ビジネス日本語能力テスト)においても高得点をめざします。
  • Point2 ビジネスに活用できるIT実践力
    就職後に即戦力として活用することができるITスキルを身につけます。
  • Point3 ビジネスに必要な社会人としてのコミュニケーション力
    ビジネスマナーの習得や就職対策講座、インターンシップを通して社会人としてのコミュニケーション力を磨きます。

講師紹介

  • 茂木 健二 先生
    IT実務・情報技術・情報リテラシ担当
    学生各自の故国と日本を繋ぐべく、国際的活動を行うために必要となるITスキル習得のお手伝いを真摯に行います。日本語能力を土台に、日本語版Windowsを使い、日本語によるビジネス文書作成能力を向上。各種MS-MOS検定、情報処理技術者試験ITパスポート合格を目標に、就職後の即戦力を目指します。
    <略歴>
    中央大学法学部法律学科卒業。学習塾経営の際コンピュータスキル習得のため横浜電算学院(現横浜システム工学院専門学校)卒業。同校非常勤講師として情報系活動を開始。日本情報処理開発協会・中央情報教育研究所(CAIT)(現情報処理推進機構)非常勤講師、東京都職業能力開発校講師、横浜YMCA情報ビジネス科講師など歴任。現在SE業務を離れ、後進の指導に専念。
  • 佐田 宏 先生
    ホスピタリティ担当
    世界の国々の異文化を受け入れるホスピタリティマインド理解と日本におけるビジネス上のマインドとスキルの基本を学びます。日本での就職を念頭に企業へのインターンシップや日本の文化を理解できよう共に学びましょう。
    <略歴>
    関東学院大学経済学部経済学科卒業
    西武鉄道・プリンスホテル・西武不動産で人事・企画・宣伝・営業・支配人を経験・横浜観光コンベンションビューロー会員・鎌倉商工会議所会員等を通じ、異文化理解や実践指導を行っている。現在横浜YMCA講師・ホスピタリティ教育研究所代表。
  • ウォレスみなみ 先生
    ビジネス日本語担当
    YMCAは日本人サポーターや他学科の学生とのイベントなど、日本人との交流の機会がたくさんあります。いろいろなことに興味を持って、多国籍なクラスメートと共に、コミュニケーション力を磨きましょう!
    <略歴>
    ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座修了、日本語教育能力検定試験合格、国内の日本語学校講師を経て、2017年より横浜YMCA学院専門学校非常勤講師として勤務

在校生インタビュー

郭 乃嘉 国籍:台湾

◎横浜YMCA学院専門学校を選んだ理由は?
国際情報ビジネス科は「外国人の日本の就職を目的とする」学科です。私は「日本で就職したい」という志望とぴったりだったので、選びました。
◎学校のいいと思うところはなんですか。
  • 新しい学科ですが、就職のためのビジネス用語や礼儀などをじっくり実践的に学ぶことが出来るので、徐々に身につき、生活の中で自然と使えるようになってきました。それがうれしいです。
  • 幅広い科目があり、様々な方面の専門知識が学べることがいいところです。先生方も全力で私たちをサポートしてくださっています。
◎今後の学校に期待するところはなんですか。
就職のための学科なので、体験(実践)が出来る授業数がもっと増えたらうれしいです。
◎国際情報ビジネス科の授業について教えてください。
  • 実際に就職活動をする時の履歴書の書き方や面接に役立つ、どこでもいつでも使えるビジネス用語やビジネス文書の授業があります。
  • 簿記やITの専門知識を学ぶ授業は私にとって初めてで、新鮮でチャレンジングです。とにかく授業がおもしろく、新しい技術も習えるのでとても気に入っています。
◎ホスピタリティ実習ではどんな経験をしましたか。
外国の方も多く訪れる、「八景島シーパラダイス」で2週間の実習でした。お客様の案内、外国の方への通訳、接客が主な業務でした。毎日、たくさんの方の接客をしましたが、中国語圏の方は通訳をしながら場内の案内をすることもありました。少しでも楽しんでいただけるように工夫をし実習の最後には、担当の方から「郭さんがいてくれてよかった、本当に助かりました」というお言葉をいただいて達成感とやりがいを感じることが出来ました。この経験を、実際の就職にも生かしたいと思います。
◎卒業後の進路は?
日本での就職を目指しています。貿易会社等グローバルな展開をしている会社で、海外の取引先の窓口になりたいです。
◎将来に向けて今がんばっていることはありますか。
  • 「日本人と同じように話せる」ことを目標に、日本語を学んでいます。
  • 英語力も向上できるようにがんばっています。
◎これから入学をする方へメッセージ
将来自分がこうなりたい、目標を達成したい、という思いのある方は、学校の先生方からのサポートを得ながら、一緒に目標に向かってがんばりましょう。
◎横浜のおすすめポイント!
①きれい、②交通が便利、③東京に近く東京の情報も簡単に手に入るが東京ほど混雑をしていないところ

JAYASINGHE SAMARADIWAKARA RAJAPAKSE CHARANA SASANKA 国籍:スリランカ

◎横浜YMCA学院専門学校を選んだ理由は?
横浜YMCA学院専門学校の日本語学校に通っていた私は、日本語力の上達や、勉強以外の多くの経験を通し、YMCAのすばらしさを実感していました。ビジネスの基本を学ぶ場も、YMCAが一番いいと確信し、この学校を選びました。
◎学校のいいと思うところはなんですか。
国際情報ビジネス科は、日本だけでなく様々な国の学生と共に授業を受けることができ、授業内容もグローバルな視点で行われていることがいいところだと思います。
◎今後の学校に期待するところはなんですか。
ビジネスという大きなテーマの中で、更にマーケティングと経済分野を更に突っ込んで学んでいきたいと感じます。
◎国際情報ビジネス科の授業について教えてください。
ビジネス理解、ホスピタリティ、簿記の授業がとても興味深いです。毎回新しいことを、その専門分野の先生から直接学べることが非常にいいと感じます。
◎ホスピタリティ実習ではどんな経験をしましたか。
サービス業界では、お客様の笑顔のためにどのようにおもてなしをし、行動すればよいかを学びました。
◎卒業後の進路は?
日本で、マーケティングに関する仕事や、日本に興味のある留学生の手助けになる仕事をしたいと思っています。
◎将来に向けて今がんばっていることはありますか。
ビジネスレベルの日本語力を使って社会人としての振る舞いが出来るようにがんばっています。
◎これから入学をする方へメッセージ
これから進学を考えているみなさん、この学校を選んで自分が将来何をしたいか、何になりたいかを「みつけ」、自分が将来にかなえたい夢に「つながり」、今の自分の人生が「よくなって」いきたいなら、是非横浜YMCA学院専門学校を選んでください。
◎横浜のおすすめポイント!
みなとみらい、山下公園、ランドマークタワーは、とても綺麗なロケーションで、おすすめです。

授業風景

アクセス Access厚木校川崎校

横浜YMCAがある関内地区は開港後の発展の中心地。官庁として横浜市役所・神奈川県庁があり、プロ野球チーム横浜ベイスターズの本拠地である横浜スタジアム、日本最大のチャイナタウンである横浜中華街も歩いて行けます。

住所 〒231-8458 神奈川県横浜市中区常盤町1-7
電話 045-661-0080(直通)045-662-3721(代表)
E-MAIL gakuin-jl@yokohamaymca.org
受付 平日、土曜9:00-17:00
休業日 日曜、祝日、夏休み、年末年始
アクセス JR根岸線・横浜市営地下鉄線 関内駅 徒歩3分 / みなとみらい線 日本大通駅 徒歩6分