厚木校《YMCA健康福祉専門学校》

厚木市は神奈川県のほぼ中央にあり、東京、横浜からそれぞれ直線距離で約60km、30kmに位置しています。東京都心までは、学校の最寄り駅である小田急小田原線本厚木駅から特急で約40分、快速急行で56分の距離にあります。ソニーや日産自動車などの研究所が点在し、小田急線沿線にある大学や短期大学の学生が集まる街です。アジアでは中国揚州市、韓国軍哺市が友好都市です。本厚木駅周辺は、商業施設、高層マンションが立ち並び、平日でも駅周辺はにぎわいますが、少し離れると大山や宮ケ瀬湖などの豊かな自然は厚木市の魅力。日帰りで温泉やトレッキングを楽しむこともできます。住環境として、賃貸アパート等の賃料は東京都心に比べて約4万円、横浜市に比べて約3万円安くなっています。

新着情報 News

SNS

施設紹介 Facility

小田急線本厚木駅から徒歩5分のところに学校があります。温水プールや体育館もあり、スポーツを楽しむことも可能です。
学校の周辺にはファストフード店やコンビニエンスストアなども豊富にあり、本厚木駅の近くでほぼすべての日常生活に必要な買い物も済ませることもできます。
学校には日本語学科のほかに、日本人の通う専門学校や保育所、学童保育、スポーツクラブが併設されており、さまざまな年代の日本人との交流が盛んです。

メッセージ Message

奥薗 一紀

学校長 奥薗 一紀

人はみな、生活習慣、伝統、宗教などの異なる背景を持っています。また、それぞれの能力、個性、生き方には違いがあります。そのような一人ひとりの存在に敬意をはらい、それらの違いに気づき、学ぶことの必要性を感じる人とともに学んでいきたいと思います。
私たちYMCAの専門学校は、学校内外で出会う一人ひとりの違いを受け容れ、長所をみつける場所でありたいと思います。こうした考え方を十分に理解し、地球社会の一員として成長しようとする意欲のある学生を受け入れます。

  • 社会で起こっているさまざまな事がらに対して興味・関心をもち、主体的に行動できるようになること
  • 異なる価値観や文化、性別などに偏見をもたず、様々な人々と良好な関係を築き、協働することができるようになること
  • 他者の考えや主張に耳を傾け、自分の意見を表現できるようになること
  • 教職員もまたさまざまな人とともに、自らの課題に向き合い、学びあう場を提供できるようになること

これらのことを、学生生活での学習や体験から学び合いたいと思います。

古田島 聡美

主任教員 古田島 聡美

みなさんは、どうして日本語を勉強しようと思ったのでしょうか。日本の漫画やアニメが好きだからですか?それとも、進学や就職をしたいからですか?色々な理由があると思いますが、世界にたくさんの国がある中で、みなさんが日本語を勉強したいと思ってくれたことを私たちはとても嬉しく思います!
私たち、YMCA健康福祉専門学校では、みなさんの夢をサポートするのはもちろん、様々な世代の日本人と交流するプログラムを用意しています。勉強面だけでなく、ぜひ視野を広げ世界を見てください。また新たな発見があるかもしれません!
様々な国の学生と一緒に楽しく勉強しましょう。厚木YMCAはみなさんと一緒に勉強するのを楽しみにしています。

在校生インタビュー Student Voice

チャンヤヌット ナンタウォン

チャンヤヌット ナンタウォン 国籍:タイ

◎YMCA健康福祉専門学校日本語学科のいいところを教えてください。
いろいろな国の学生がいるし、先生方も優しいし楽しく日本語が勉強できます。
◎学校行事で印象に残っているものがあれば教えてください。
私は震災のあった熊本の復興支援ボランティアに参加したことが忘れられません。
今まで体験したことのない、新しい経験ができました。
◎卒業後の進路を教えてください。
日本でタイ語の先生になりたいです。また、タイへ帰ったら日本語の先生になりたいです。
私の小学生のときの夢は先生なので、夢を叶えたいです。
◎これから入学する方に向けてメッセージをお願いします。
YMCA健康福祉専門学校はとてもいい学校です。入学して、絶対に後悔しません。
ボランティアやイベントなどチャンスがあればぜひ活動に参加してほしいです。
◎あなたのYMCA健康福祉専門学校のおすすめポイントを教えてください。
日本人の学生と一緒にイベントや活動をするのが一番のポイントです!
YMCAはボランティア活動がたくさんあるので、人のために役に立ちたい人はいいと思います。
レ ティ ゴック ラン

レ ティ ゴック ラン 国籍:ベトナム

◎YMCA健康福祉専門学校を選んだ理由を教えてください。
日本というと、東京が一番だと思われるかもしれません。しかし、東京は人が多いし、ラッシュの時も大変だと思います。日本に来たばかりの時にはまだ慣れていませんので、住みやすい所の方がいいと思いました。そこで、YMCA健康福祉専門学校を選びました。
◎YMCA健康福祉専門学校日本語学科のいいところを教えてください。
留学生だけでなく、短期生も多いところだと思います。短期生というのは日本で働いている人や永住権を持っている人などです。短期生の方はほとんど長期間日本に住んでいたので、日本語の発音がうまいし、日本語の文化もよく知っています。だからこそ、短期生の方から色々な事が学べて、ありがたいです。
◎学校行事で印象に残っているものがあれば教えてください。
毎年、11月の間にYMCA祭というフェスティバルが行われています。皆と一緒に料理を作り、販売し、協力して、楽しいです。
◎卒業後の進路を教えてください。
高校を卒業して、日本へ留学に来ました。ですから、日本語学科を卒業してから、大学に入ろうと思っています。
◎これから入学する方に向けてメッセージをお願いします。
海外での生活は面白いですが、楽なわけではないと思います。一番大切な事はその国の言葉です。なぜなら、会話が上手く話せないと、何も出来ないと思います。ですから、まず日本語を一生懸命勉強してください。
◎あなたのYMCA健康福祉専門学校のおすすめポイントを教えてください。
YMCA健康福祉専門学校には色々な奨学金があるので、入学した時からしっかり学校に行って、良い成績を取り続ければ、奨学金をもらうチャンスがあります。
カラカス マージョリン カルテロン

カラカス マージョリン カルテロン 国籍:フィリピン

◎YMCA健康福祉専門学校を選んだ理由を教えてください。
楽しいイベントが多くて、日本人と話すチャンスがたくさんあるからです。
◎YMCA健康福祉専門学校日本語学科のいいところを教えてください。
授業がとても分かりやすく、先生方も元気に勉強を教えてくれます!
◎学校行事で印象に残っているものがあれば教えてください。
学校行事で一番印象に残っているものは、30キロウォーキングです。
日本人と外国人が学校から江の島まで一緒に歩くのですが、日本人の先輩方とおもしろい話をして友達になりました。楽しくて、忘れられない思い出です。
◎卒業後の進路を教えてください。
専門学校に入りたいです。
◎これから入学する方に向けてメッセージをお願いします。
勉強するとき、学校での生活は大変だと思いますが、困っているときでも先生方や先輩方が手伝ってくれると思うので、楽しみにしてYMCA健康福祉専門学校へ来てください。
◎あなたのYMCA健康福祉専門学校のおすすめポイントを教えてください。
先生も先輩もやさしく、イベントもたくさんあるので楽しい思い出が作れます。学校のみんなは家族みたいですよ!

日本語学科

学校の特長・概要

私たちは、日々いろいろなことを考え、行動しながら生きています。ことばの能力も、私たちの行動と切り離すことはできません。「読む」「聞く」「書く」「話す」をバランスよく学びながら、大学・大学院受験に対応できる日本語力とともに、自分で表現できる力を身につけていきます。
YMCA健康福祉専門学校の特長は、さまざまな学校のイベントを、他学科の日本人の専門学校生と合同で行うことです。イベントや日常の交流を通して、日本語を道具として使うことで自信をつけながら、学生同士、そして先生たちとも交流を深めています。

  • Point1 確実な日本語力が身につく
    様々な場面で役立つ、日本語によるコミュニケーション力を養成する授業です。初級から上級まで十分に練られた魅力的なカリキュラムをみなさんに提供します。また、多くの日本人ボランティアの方々の支援があり、日本語を授業後に練習することができます。
  • Point2 多くの交流の機会
    YMCA健康福祉専門学校ならではの、日本人の専門学校生との交流、国内外にあるボランティア活動、併設する保育園の子どもたちとの交流、世界各国からの留学生との交流など、みなさんの毎日の生活は交流の機会にあふれています。
  • Point3 手厚いサポート
    故郷を離れて外国での生活は多くの問題に出会うことでしょう。私たちは宿舎、アルバイト、ビザなど、留学生が直面する問題をしっかりサポートします。また就職や進学のサポートも経験豊富な講師陣がしっかりチームで相談に乗り、全力でサポートをしています。

授業時間

一日4時間、月曜日から金曜日まで週5日間(週20時間、年間200日・800時間)

  1時間目 2時間目 3時間目 4時間目
AM 9:00~9:50 10:00~10:50 11:00~11:50 12:00~12:50
PM 13:00~13:50 14:00~14:50 15:00~15:50 16:00~16:50
  • ※土・日・祝日は休みです。
  • ※長期休暇があります。詳しくは年間予定表をご覧ください。
  • ☆夏休み(8月上旬から8月中旬まで約2週間)
  • ☆秋休み(9月下旬から10月上旬までの約2週間)
  • ☆冬休み(12月下旬から1月上旬までの約2週間)
  • ☆春休み(3月中旬から4月上旬までの約2週間)

カリキュラム

入学時に受けるプレイスメントテストの結果をもとに、レベル別のクラスに分かれて授業が行われます。

初級クラスでは「みんなの日本語」のほか、会話や作文、聴解、口頭ドリルなどの授業を通して、日本語の基礎をしっかり固めます。
中・上級クラスでは、「読む・聞く・書く・話す」4技能をバランスよく学び、道具としての日本語の表現力を身につけていきます。
レベルに合わせて速読やビデオ・日本語でのスピーチ・ディベートがあります。

また、日本での進学に必要な日本留学試験、日本語能力試験の対策授業や入試試験対策の授業も行います。

日本語の勉強は「試験に合格したら終わり」ではありません。
日本語学科を卒業した後、進学先やそれぞれの新しい環境で「応用できる」日本語力が必要です。
教務、クラス担任による定期的な個人面接などで、皆さんの勉強、生活、進路についてアドバイスをし、皆さんがより具体的な目標を持って勉強できるよう、サポートしていきます。

進路先としては日本での就職や進学(大学院・大学・専門学校)等があり、それぞれの将来の目標にあうきめ細かなサポートがYMCA健康福祉専門学校の魅力です。

入学資格

  1. ① 出身国において12年間の学校教育を修了している方、または出身国において大学等の高等教育機関への入学資格を有する方
  2. ② 日本語学科への入学には日本語能力試験N5(日本語学習 150時間程度)相当の日本語力を有し、公的な日本語力試験の結果通知等で証明できることが必要です。
  3. ③ 日本在住の連絡人がいる方
  4. ④ 年齢が18歳以上の方

学費

各コースの学費は以下の通りです。

コース名 入学金 授業料 設備費 合計
本科進学2年コース
(4月入学)
100,000円 1,080,000円 40,000円 1,220,000円

※上記以外に教材費など諸経費(1年目44,000円、2年目30,500円)が必要になります。

コース名 入学金 授業料 設備費 合計
本科進学1.5年コース
(10月入学)
100,000円 810,000円 30,000円 940,000円

※上記以外に教材費など諸経費(1年目44,000円、2年目23,000円)が必要になります。

厚木校 各種資料ダウンロード

J1これから日本へ渡航される方(ビザをお持ちでない方)

J2すでに日本に滞在している方(ビザをお持ちの方)

短期コース

正規の専門学校生とは別に、一部の授業のみに参加できる聴講生制度があります。希望する方はお問い合わせください。
聴講生の詳しい内容はこちらから要項をダウンロードしてご確認ください。

YMCA健康福祉専門学校 介護福祉科

◆在留資格「介護」
日本政府は、日本国内で介護の仕事につく外国人の受け入れを増やすために専門学校で「介護福祉士」の国家資格を取得した外国人が日本で介護の仕事につくことのできる在留資格「介護」を新設しました。
YMCA健康福祉専門学校の介護福祉科を卒業すると、介護福祉士の受験資格が与えられ、日本で働くことができます。
◆介護福祉士とは
介護福祉士とは、老人ホームなどでお年寄りの生活を支援する仕事です。食事や入浴、着替えなどの生活サポートのほか、利用者であるお年寄りと笑いあい、喜びを分かち合うことも介護福祉士の大切な仕事です。思いやりと優しさをもってお年寄りとともに過ごせる人にとても向いている仕事です。
◆内部進学には特典があります
YMCA健康福祉専門学校の日本語学科で勉強し、介護福祉科に進学する人には、入学金や選考料の免除があります。

介護福祉科の特長

  • Point1 日本語をサポート
    YMCA健康福祉専門学校には日本語学科があるので授業で使う日本語が難しいときや、生活で困ったときにはいつでも相談することができます。
  • Point2 就職活動をサポート
    2年生を対象に、就職活動の進め方についての講義や介護の現場で仕事をする卒業生との交流を行います。また、クラス担任の先生と履歴書の書き方や模擬面接などの就職対策を行います。
  • Point3 毎月行われる充実したイベント
    YMCA健康福祉専門学校では、毎月様々な学校行事を行います。勉強だけでなく、日本人と一緒に学校行事に参加することで、充実した学校生活を送ることができます。

アクセス Access横浜校川崎校

住所 〒243-0018 神奈川県厚木市中町4-16-19
電話 046-223-1441
FAX 046-223-2101
E-MAIL kenko-jl@yokohamaymca.org
受付 月曜日〜土曜日 9:00-17:00
休業日 日曜日、祝日、年末年始(12/28〜1/4)
アクセス 小田急線 本厚木駅から徒歩4分 羽田空港からのリムジンバスで約60分、本厚木駅バス停からYMCAまで3分