YMCA健康福祉専門学校

トップページ 学科紹介 精神保健福祉科 実習について

精神保健福祉科 実習について

精神保健福祉科
実習について

精神保健福祉援助実習

  • 対象 受講開始時点で、「指定施設における業務の範囲等について」(平成23年8月5日付、障発0805第4号)に示された施設での相談援助業務の実務経験が1年未満の受講生
  • 期間 9月~12月
  • 形態 210時間(約27日間)
    社会福祉士の方は、資格取得時に「社会福祉援助技術現場実習」「相談援助実習」を履修済の場合は210時間のうち60時間が免除となり、150時間(約20日間)の実習となります。
  • 施設 精神科病院等の医療機関での90時間以上(約12日間)の実習を必須とし、障害福祉サービス事業を行う施設等、機能の異なる2種類の施設で実習を行います。

    ①210時間実習の場合:
    90時間(約12日間)の医療機関実習+120時間(約15日間)の福祉施設実習

    ②150時間実習の場合:
    90時間(約12日間)の医療機関実習+60時間(約8日間)の福祉施設実習
    本科が厚生労働省に登録した実習施設で行います。詳細は実習施設一覧でご確認ください。また、一覧に
    掲載されている施設でも都合により実習受け入れができない場合がございます。詳しくは実習事前指導で個別相談いたします。
    実習要件、実習指導スケジュールその他の詳細は、入学後「学習のしおり」にてご確認ください。

    実習先一覧はこちら