YMCA健康福祉専門学校

トップページ 入学案内 学費サポート

学費サポート

YMCA奨学金制度①

2年次より「年間80万円」を「無利子」で 貸与。

  • 対象 横浜YMCAカレッジグループ(横浜YMCA学院専門学校は除く)に在学中であり、各種の資格を取得した後、「横浜YMCA(スポーツクラブ、保育園、高齢者施設)」において、専門職としての業務に「3年間従事」する意志のある者。
  • 資格 若干名
  • 申請方法 入学後、各校で詳細を案内
  • 選考 面接試験、実技試験( スポーツクラブ希望者のみ)、保育実習( 保育士希望者のみ)
  • 貸付方法 授業料を減免
  • 貸与期間 保育士:最長2年間
    スポーツインストラクター:1年間

    介護福祉士:1年間
  • 返還 以下の場合は返還の対象となる。
    ・横浜YMCAカレッジグループを、退学等の理由により資金の貸付が廃止となったとき。
    ・横浜YMCAカレッジグループを卒業した日から1年以内に、横浜YMCA諸事業の業務に従事しなかったとき 。
    ・横浜YMCAの諸事業に従事したが、3年間継続しなかったとき。
    返還方法は、月賦、半年賦、一括のいずれか希望する方法とする。
  • 返還免除 以下の要件を満たした場合は返還が免除される。
    ・貸付を受けた者が、横浜YMCAカレッジグループを卒業した日から1年以内に、横浜YMCA諸事業で業務に従事かつ、引き続き3年間従事したとき。
    ただし次の場合には、返還債務の全部または一部が免除されることがある。
    ・横浜YMCA諸事業の業務に従事した期間内に、当該業務上の事由により死亡し、または、心身に故障が生じたため、当該業務を行うことができなくなったとき。
    ・死亡、心身の故障その他特別の事情により貸付を受けた資金を返還する能力を失ったと認められたとき。
  • 3年間の就業で返還免除になる貸付制度 ・就職内定 YMCA関連施設
    ・資金貸付 年間80万円
    ・返還免除 3年就労
    ※上記以外の奨学金・賃与プログラムも併用可
    ※3年の就労により、返還義務は免除されます。

    横浜YMCAのスポーツクラブや高齢者施設・保育園などで卒業後に正規雇用する横浜YMCA専門学校奨学金制度。年間80万円の就学資金が貸与されます。
    
横浜YMCAの関連施設・グループ環境だから実現できる、学費軽減の独自プログラムです。

YMCA奨学金制度②

最終学年への進級の際に、それまでの学業成績・学生生活・ボランティア活動等において、総合的に最も優秀であった学生を選出して、奨学金を給付します。

  • 内容 「月額2万円」を「1年間(12カ月)」にわたり「給付(返還義務なし)」します。
  • 対象 各学科において最終学年にあたるうち、入学からの学校生活において他の学生の模範となる者
  • 選考方法 横浜YMCAカレッジグループにおいて選考

神奈川県 介護福祉士および社会福祉士等修学資金貸付制度

  • 貸付対象 介護福祉士養成校等に入学する方で、卒業後に神奈川県内の所定の施設等にて、介護職や相談援助職に従事する意思のある方を対象にした制度です。
  • 貸付額 1. 月額3万円、もしくは5万円

    2. 上記とは別に、入学準備金20万円(初回に限る)、就職準備金20万円(最終回に限る)、国家試験対策費用4万円以内
  • 貸付期間 養成校等の正規の修学期間に限ります(休学又は停学の期間は貸付しません)
  • 返還免除 卒業後、1年以内に介護福祉士として登録し、神奈川県内の社会福祉施設にて常勤職員として介護または相談援助の業務に5年間従事することで、全額返還免除となります。
  • 申請受付 入学後各養成校等を通じて申請を受付します。

一般社団法人 生命保険協会 介護福祉士養成奨学金

採用決定した奨学生に返還義務のない奨学金を支給するだけでなく、それぞれの地域の奨学生、学校関係者と折りにふれ交流を行っています。

  • 対象 厚生労働省指定介護福祉士養成施設かつ当会指定の専門学校に在学する学生
  • 募集方法 全国各地に所在する介護福祉士養成施設213校に、奨学生の推薦を依頼(1校2年生1名)、各学校長の推薦に基づき当会の選考委員会で決定
  • 奨学金の額 月額20,000円(給付制)
  • 支給期間 1年間

日本学生支援機構 奨学金制度

予約申込について

本校に入学する前に、奨学金の予約申込ができますので、在学中の(在学していた)高等学校の奨学金担当の先生にご相談ください。

  • 募集期間 募集の時期は年3回、概ね以下の時期に受け付けています。
    ・第1回4月~6月下旬(第一種および第二種)
    ・第2回10月上旬(第二種のみ)
    ・第3回12月中旬(第二種のみ)
  • 申し込み資格・申込先 1. 2019年に高等学校は専修学校(高等課程)を卒業する予定の人
    …申込先:在学している高等学校又は専修学校(高等課程)
    2. 高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専修学校に入学したことのない人
    …申込先:在学している高等学校又は専修学校(高等課程)
    3. 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学したことがある人は除く)、又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
    …申込先:日本学生支援機構(市谷事務所TEL:0570-666-301)

入学後の申込みについて

人物及び学業成績優秀で、経済的な理由から修学が困難な人に対して、学校長の推薦を受けた申込者の中から選考の上、日本学生支援機構奨学金が貸与されます。本校からの推薦には採用人数に制限があります。
…奨学金には「第一種奨学金(無利息)」と「第ニ種奨学金(有利息)」があり、選択できるようになっています。

第一種奨学金制度(無利息)

  • 申込資格 1. 高等学校の最終2カ年の成績が3.2以上
    2. 経済的に修学が困難であること
    3. 日本学生支援機構の定める収入限定額内であること
    ※家計の上限額目安は4人所帯で自宅通学の場合
    給与所得者:801万円程度
    給与以外の所得者:369万円程度
  • 貸与月額 自宅外の通学…3万、6万から希望する月額を選択できます。
    自宅通学…3万、5万3千円から希望する月額を選択できます。
  • 利率 無利息
  • 返済期間 貸与終了6カ月後から10年程度
  • 募集時期 毎年春

第ニ種奨学金制度(年3%を上限とする利息付)

  • 申込資格 1. 高等学校の学習成績が出身校の平均水準以上と認められる人
    2. 学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められること
    3. 日本学生支援機構の定める収入限定額内であること
    ※家計の上限額目安は4人所帯で自宅通学の場合
    
給与所得者:1,444万円程度

    給与以外の所得者:712万円程度
  • 貸与月額 3万円
、5万円、
8万円、
10万円、
12万円から
希望する月額を
選択できます。
  • 利率 在学中は無利息、卒業後は3%を上限とする利息付
  • 返済期間 貸与終了6カ月後から10年程度
  • 募集時期 毎年春

第一種と第二種の奨学金の併用も可能です。
詳細・お問い合わせは、下期の日本学生支援機構ホームページをご参照ください。

■ホームページ…http://www.jasso.go.jp