横浜YMCA学院専門学校 Yokohama YMCS College

トップページ 学科紹介 作業療法科 教員紹介

作業療法科 教員紹介

作業療法科
教員紹介

小川 卓二

  • 担当 運動学、身体障害評価学・治療学 等
  • 学歴 国立療養所東京病院附属
    リハビリテーション学院卒業
  • 職歴 帝京大学医学部附属病院、帝京平成大学 等
  • 所属団体 (社)日本作業療法士協会
  • 資格・免許 作業療法士
  • 日々成長し続けられる場所 作業療法士になって30年経ちました。約2/3を臨床、1/3を教育分野に所属してきました。分野は違っても、 経験が増えれば増えるほど「作業療法って奥が深いなぁ」と思うことが多くなるように思います。 学生さん達だけではなく自分も、ともに日々成長し続ける…そんな教職員ばかりがいる横浜YMCA学院専門学校が、私は大好きです。

三浦 美紀

  • 担当 発達障害の作業療法評価学・治療学 等
  • 学歴 国立仙台病院附属リハビリテーション学院作業療法学科卒業、
    日本女子大学家政学部児童学卒業
  • 職歴 神奈川県立ゆうかり園 等
  • 資格・免許 作業療法士
    小学校一種免許
  • 学生と共に学ぶ 作業療法は、一人ひとりの対象者に向き合って誠意を尽くすことがとても大切です。
    YMCAの作業療法科は、教員はもちろん職員全員が一丸となり、学生一人ひとりに向き合い、個々のよいところを伸ばしていくような教育を日々考え、実践しているという自負があります。 学生のみなさんとは、作業療法について、自分について、真剣に考え、語り合う体験をたくさんしていきたいです。

名古屋 和茂

  • 担当 身体障害の評価学・治療学 等
  • 学歴 社会医学技術学院(OT科)卒業
  • 職歴 麻生リハビリ総合病院 等
  • 所属団体 (社)日本作業療法士協会
  • 資格・免許 作業療法士
    介護支援専門員
    AMPS評価者認定
  • 個々に合わせた対応を 作業療法士は近年急激に増加し、それに伴い、作業療法士が働く場が急速に広がっています。 その中で、日々患者さんやその家族の要求に応えられる卒業生を輩出するため、当校では様々なプログラムを用意し、 講義外でも学生個々に合わせて、対応をしています。まずは、一度当校を見学してみてはいかがでしょうか?

高橋 博美

  • 学歴 国立診療所箱根病院付属リハビリテーション学院卒業

    東洋大学文学部教育学科卒業
  • 職歴 信田病院 等
  • 所属団体 (社)日本作業療法士協会
    精神科作業療法協会
  • 資格・免許 作業療法士
  • 人との関わりの中で成長 「山は山を必要としない。しかし、人は人を必要とする。」人が人を苦しめることもありますが、人は人を救うと信じています。 いつも身近な人のことを考えられる人になるために、YMCAでは様々な学びの機会を用意し、学生の豊かな視点を育てることに力を注いでいます。 私のような小さな教員も日々学習です。一緒にここで学び合いましょう。

坂本 俊夫

  • 担当 身体障害の作業療法評価学・治療学、老年期作業療法治療学 等
  • 学歴 弘前大学医療技術短期大学卒業
    武蔵野大学大学院通信教育学部 人間学研究科在籍中
  • 職歴 横浜市立脳血管医療センター 等
  • 所属団体 (社)日本作業療法士協会
  • 資格・免許 作業療法士
    日本作業療法士協会認定作業療法士
    福祉住宅環境コーディネーター
  • 夢を紡ぎだす学問:作業療法 私が、作業療法を知ったのは高校生の時です。その中で作業療法士は、 病気・怪我などの出来事に遭遇した対象者に、生命・生活・人生での夢を共に見つけ、そして育む仕事を担っていました。
    その出会いが、私へ大きな感動を与え続けています。皆さんも、共に作業療法という学問を学び、あなたの人生の夢を紡ぎだしてみませんか?

宮田 千恵子

  • 担当 基礎作業学、精神障害の作業療法治療学 等
  • 学歴 昭和大学大学院保健医療学研究科卒業
  • 職歴 公益財団法人横浜勤労者福祉協会うしおだ診療所 精神デイケア 他
  • 所属団体 (社)日本作業療法士協会
    (社)神奈川県作業療法士協会
    うつ病作業療法研究会
  • 資格・免許 作業療法士
  • 学生に寄り添い共に成長 対象者の心に寄り添うことが、作業療法ではとても大切で、それは難しいことでもあります。
    教員は、学生のみなさんの気持ちに寄り添い、共に学び、時に悩みながら、成長していきたいと思っています。YMCAではさまざまな学びの機会が開かれています。私たちと一緒にたくさんの経験を重ね、仲間とともに語り合いながら、歩んでいきましょう。