横浜YMCA学院専門学校 Yokohama YMCS College

トップページ 学科紹介 作業療法科 教育カリキュラム

作業療法科 教育カリキュラム

作業療法科
教育カリキュラム

本校では、厚生労働省養成校、WFOT認定校としてのカリキュラムだけでなく、発達の学習の一環としてYMCAグループの保育園(県内全13カ所)での実習、地域作業療法学の授業では近隣の作業所を訪問するなど、常に現場を意識した取り組みを続けています。

科学的思考の基礎・人間と生活

「専門基礎分野」「専門分野」の基礎として、人間を幅広く理解できるよう、人間と人間生活に関するもの、また物事の本質を考えることを通して、人間形成に役立つ教育内容で構成されています。
※カリキュラムは一部変更することがあります。

専門基礎分野

リハビリ実践の基礎となる専門知識を習得し、専門分野の学習に応用できるようにすること、リハビリの対象である人間の理解を深め、保健・医療・福祉を総合的に理解し人々の健康保持増進のための知識を活用することができる能力を養うことを目的に教育内容が構成されています。
※カリキュラムは一部変更することがあります。

専門分野

各領域作業療法評価学と実習の基盤となる基礎作業学、および作業療法士としての基礎的な能力を養う科目で構成されています。
※カリキュラムは一部変更することがあります。

臨床実習

基礎科学 解剖学 基礎作業学 身障治療学

授業では、卒業後に即戦力として活躍できる人材育成に力を入れ、現場における実習を重視。4年間で1,000時間を超える豊富な実習を通して、作業療法士に必要な経験を積んでいます。
また、校舎教室の設備以外に、実際に県内のYMCA認可保育園や、高齢者施設大和YMCAライフサポートセンターでの実習や演習を行うほか、地域にある障がい者施設での活動を通して、実際に人のこころに触れて、学びを深めていきます。
※カリキュラムは一部変更することがあります。