横浜YMCA学院専門学校 Yokohama YMCS College

トップページ 資格・進路 資格・進路

資格・進路

作業療法科

5年連続国家試験現役合格率100%(2012〜2016年度)
2017年度合格率90%

基礎作業学実習(革細工) 身体障害の評価学

作業療法士とは、さまざまな障がい(身体障害・精神障害・発達障害・老年期の障害)のある方たちを対象に主体的、積極的な日常生活の獲得・再建をめざして、対象者の様々なニーズにあわせた作業療法を行い、機能の回復や維持、予防のための治療や援助を行う専門職です。急性期のベッドサイドから維持期の在宅リハビリテーションまで、幅広い職場で作業療法士は必要とされています。

作業療法の作業活動とは、食事や洗面、着替えなどの日常生活活動、仕事や学習活動、絵画・木工・陶芸・手芸・織物・革細工等のクリエイティブな活動、運動やレクリエーションなどの身体的な活動を意味し、治療の手段としてこれらの作業を用います。また、作業をするにあたって、精神面も含めた各種サポートを行い、社会復帰の道筋をつけます。
地域福祉、在宅福祉が推進される中、生活習慣、健康、安全、生活上の管理面での援助、住宅改造や福祉機器の選択、自助具の開発、就労に向けての作業活動等作業療法士のニーズは今後ますます高くなっていきます。

主な進路

  • 医療機関 総合病院、老人病院、小児病院、精神科病院、リハビリテーションセンター等
  • 医療と福祉の連携する施設 老人保健施設、デイケアセンター、訪問看護ステーション等
  • 福祉施設 老人福祉施設、身体障がい者福祉施設、肢体不自由児施設、知的障がい者施設、高齢者サービスセンター、在宅介護支援センター等