ともに喜び、心から寄りそうことのできる作業療法士を養成します 横浜YMCA学院専門学校

お問い合わせ
入学相談
045-641-5785
稲垣 美歩さん 葛西昌医会病院 (旧:葛西循環器脳神経外科病院) 勤務 (盛岡白百合学園高等学校) 【横浜YMCA学院専門学校 作業療法科 2011年3月卒業】

現在の仕事の内容とやりがい

急性期の病院に勤めており、患者さんの転機が早く、スピードについていくのが大変です。 しかし、患者さんが笑顔で退院していく時は、とても喜びを感じます。私も退院に向けて患者さんの力になれるよう、頑張りたいです。

YMCAでの思い出

学生時代は、スポーツデイや富士山YMCAでの合宿など様々な行事があり、その度友人と協力することで仲が深まっていったと思います。
何よりも、何でも言い合える友人が出来たことが良かったと思います。

授業・実習で得たこと

身体障害の作業療法は、今の現場で直接役に立っています。また、急性期で障がいを受け入れられない方と接する時は、精神科で学んだことが役に立っていると思います。
実習では、自分から行動することや努力することを学びました。作業療法の難しさ、やりがいをSVや先輩から学び、作業療法士になりたいという気持ちを強く持つことが出来ました。

作業療法士を目指す後輩へ

作業療法士はとても難しい仕事だと思います。学ぶこと、考えることがたくさんあります。しかし、患者さんの人生に直接関わって笑顔を見ることのできる、やりがいのある仕事だと思います。
中井 竜也さん 聖テレジア病院 勤務 【横浜YMCA学院専門学校 作業療法科 2011年3月卒業】

現在の仕事の内容とやりがい

身障回復期病院での、病棟リハに勤めています。まだ働き始めなこともあり、本当のやりがいというところまで感じることができていないと思いますが、患者さんが回復して、笑顔になるところを見ると、やりがいを感じます。

授業・実習で得たこと

精神科の授業がとても勉強になりました。身障に就職しても一人ひとりの患者さんとの接し方を深く考えることは、非常に大切なことだと考えています。
また、実習では「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」の大切さや、積極性、自己管理など多々ありますが、患者さん一人ひとりの個性に合った接し方やアプローチを行うべきだと いうことを一番学べました。

YMCAで得たこと

たくさんの人と触れ合うことの大切さです。学校の仲間はもちろんですが、ボランティアや実習などでたくさんの人と触れ合い、成長することができたと思っています。
勉強に実習、就活、国家試験と大変な学校生活でしたが、それと同じくらい楽しい学校生活でした。今後は、作業療法士として努力していきたいです。

作業療法士を目指す後輩へ

作業療法士になるのは大変ですが、やりがいのある仕事だと思うので、仲間と助け合って頑張ってください。
山本 恭平さん 沼津千本病院 勤務 【横浜YMCA学院専門学校 作業療法科 2011年3月卒業】

現在の仕事の内容とやりがい

精神科作業療法を院内で行っています。回復期の開放病棟を担当しています。患者様方の少しの変化を日々見ていけることに、今やりがいを感じています。将来はもっと地域に向けて働きたいです。

YMCAでの思い出

YMCAはイベントが多く、勉強はもちろんのこと、その他の部分でもとても充実していました。人とのつながりを実感できました。
また、精神科の作業療法の授業がとても勉強になりました。実践を交えて行うこと、外部の講師の方を招いて行うなど、とても刺激のある授業でした。

作業療法士を目指す後輩へ

OT(作業療法士)はとても大変な仕事だと思いますが、それだけやりがいのある仕事です。まず、興味を持つことが大切だと思います。そして何事にも問いを持つことが大切だと思います。
萩原 崇さん 柏メンタルクリニック 勤務 【横浜YMCA学院専門学校 作業療法科 2011年3月卒業】

現在の仕事内容と将来の夢

今は精神科デイケアで働いています。地域で暮らす方に対して、創作、スポーツ、外出プログラムなどを通して、以前のようにまた地域で暮らしていただけるよう、 リハビリをしています。
将来は、障害者スポーツに携わりたいです。

実習で得たこと

目の前の患者さんに全力で向き合うこと、思いやりに限界はなく、思いやりの大きさだけ患者さんに返っていくということを実習を通して学びました。

作業療法士を目指す後輩へ

作業療法の世界は、とても楽しい世界です。しかし、楽しめるための道のりは大変で、努力が必要です。そんな時は、周りの先生、先輩、友達などを頼って、楽しみながら勉学に励んでください。
斉田 浩彰さん 湘南鎌倉総合病院 勤務 【横浜YMCA学院専門学校 作業療法科 2011年3月卒業】

現在の仕事内容とやりがい

急性期の病院(身体障害)で早期リハビリテーションを行っています。
主に、ベッドサイドにて離床を進めています。また、ADL回復に向けて介入しています。
患者さんと共にリハビリを行っていて、目標を達成できた時の患者さんの笑顔を見た時に、やりがいを感じます。

実習中に学んだこと

実習時、先生方の仕事を見ることによって、作業療法士の役割や患者さんとの関わり方を学ぶことができました。

作業療法士を目指す後輩へ

険しい道のりではありますが、作業療法士は人の役に立つことが出来る職業だと思います。
今、辛いと感じることも多いでしょうが、仲間達と共に乗り越えて、作業療法士になってください。
共に頑張りましょう。
新沼 美希さん 屏風ヶ浦病院 勤務 (神奈川県立津久井浜高等学校) 【横浜YMCA学院専門学校 作業療法科 2011年3月卒業】

現在の仕事の内容

主に臨床に出ています。身障領域なので患者様は、脳血管障害の方や整形疾患の方が多いです。
まだまだ未熟ですが、私も患者様も楽しいと思えるようなリハを提供できるセラピストを目指しています。

YMCAの特徴

YMCAは「挨拶がしっかりしている」と在学中から言われていたので、その点は社会に出た時に強味になっていると思います。
また、クラス数が少ない分、上下・先輩後輩の繋がりが強いと感じます。

授業・実習で得たこと

就職先が身障領域なので、身障関係の授業は全てためになっています。
しかし、振り返ると精神やOT概論なども今の自分を形成していると考えます。
また、「作業療法士とは」という問いと、仕事としての大変さ・楽しさ、他にも治療についての考え方など、実習時に得たものは数え切れないほど多くあります。

作業療法士を目指す後輩へ

悩むことも多いと思いますが、悩む前に考えてみるという習慣を身に付けてみてください。
私もまだできていませんが、悩むことは先に進めません。それでも悩んでしまったら、先生方や仲間に相談しましょう。

バナー:資料請求

資料請求

予約カレンダー

2017年8月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
2017年7月

公式Twitter@YMCA_gaku

バナー:日本語学科

日本語学科

バナー:卒業生の方へ

卒業生の方へ

バナー:在校生・保護者の方へ

卒業生の方へ

バナー:LINE

横浜YMCA学院専門学校 公式LINE

バナー:オリコ

オリコ WEB学費サポートプラン